HOME>トピックス>専門家を介すれば冷静に話を聞けるので今後の判断がしやすくなる

客観的な判断により解決に導く

カップル

夫婦の問題は当事者で解決するのが理想ですが、当事者だからこそ自力で解決が難しいのが現実です。よくあるのは配偶者にすべての責任があると思い込み、自身の問題を軽視してしまうことです。自身を客観的に見ながら判断するのは難しいため、夫婦の問題はなかなか解決しません。弁護士の夫婦カウンセリングが選ばれる理由は、客観的な判断に基づいて診断してもらえるため、不仲の原因が見えてくることです。

専門家を介するメリット

男女

弁護士などの専門家を介したカウンセリングの魅力は、夫婦が冷静になって話を聞けることです。夫婦だけで話し合いをするとすぐ喧嘩になり、話が進まないという話がよく聞かれていますが、夫婦カウンセリングでは専門家がクッション役になってくれます。

自身の欠点に気づける

カップル

夫婦問題の根底には客観性の欠如があるケースが多いと専門家は指摘しています。夫婦カウンセリングでは適切なアドバイスを受けられるため、自分自身を見直すきっかけになるでしょう。夫婦がお互いに自分の欠点を知れば、不仲や離婚を回避できることが多いです。

離婚を考えている場合にも役立つ

ハート

離婚を希望する夫婦がカウンセリングを受ける場合は、離婚に至る決定的な理由を探すという目的を持っている場合が多いです。一方で夫婦カウンセリングを利用することで、離婚をしないほうが自身や子どものためによいと考えを改める人も大勢います。

広告募集中