HOME>オススメ情報>心の持ちようを変えてくれて、救われます。

しこりやすれ違いの緩和

説明を受けるシニア夫婦

結婚しても他人同士ですから、パートナーのことを理解するにはムリがありますが、それによって破たんしてしまう前に、夫婦でカウンセリングを受けて努力することは意味があります。夫婦でカウンセリングを受けると、冷静に受けとめられる部分が見えてきますし、単純にどこを直したらよいか分かってきます。それほど重要なことでなくても、さまざまな要因が重なりイライラしてしまったり、言いすぎてしまったりすることはありますが、責めるほどではないと受けとめることも可能になります。さほど重大な過失や耐えがたい環境でないなら、夫婦でカウンセリングを受けて改善することはメリットがあります。

一方的にならない配慮

相談

夫婦でカウンセリングを受けても、パートナーに対しての一定の配慮は大切ですし、虚偽や大げさな表現は避けるべきです。相手に対して期待しすぎてしまい、実際には異なる場合などでもすれ違いの原因になりかねませんが、人として対等だと受けとめられれば、たいていのことは看過することはできます。カウンセリングは、定期的に受けてさまざまな気づきを得ることが目的ですから、一度だけ頑張ってあとは努力しないなどのような、無責任な行動は控えた方がよいでしょう。

本来の感情を取り戻すために

女性

パートナーに対して、さまざまな不満が増えると、夫婦でいることが耐えられなくなりますが、本来の感情を取り戻すことで大切さを再認識することが可能です。マンネリしていたり、軽率な行動が増えたりする場合には、夫婦でカウンセリングを受けて考えをまとめると、冷静になることができます。健康面での不安や経済的なことなど、さまざまな要因が重なるとつらくなることはありますが、一緒に乗りこえようとする思考があれば大丈夫です。

広告募集中